幼児教育

幼児教育とは

幼児期は身体運動の充実期であり,基本的生活習慣の自立するときでもあり,人格形成の基盤をつくる重要な時期である。したがってその教育にあたっては,知的教育に偏することなく,生活全般を通じてその発達を助長するために,好ましい経験を与えるとともに,よい文化財や教材を与えることを考えるべきである。

コトバンク https://kotobank.jp/より引用

 

人間形成にがポイントで、この時期にどう教育を受けたかで、人生が変わるほど重要な位置を占めることがわかる。

幼児教育 いつから

三つ子の魂百までという言葉がある通り3歳までに幼児教育は受けるべきでしょう。具体的には0歳からが望ましいです。しかし、素人が正しい教育をするなんてことは到底不可能でしょう。ならば、プロに任せるのが得策です。

 

どんちゃか幼児教室

どんちゃかは首都圏に13教室、関西に1教室あります。

 

子どもの世界を大切にしたい

 

子どもには子どもの文化が存在するといったら不思議に思うでしょうか? 大人になるまでに通過する子どもの世界や感性。それを私たちは大切にしたいと考えているのです。そのために大人が子どもの世界に降りてともに感動し、行動する教育を実践する。 そして遊びを通して左右の脳を刺激し、生きるために必要な「5つのチカラ」を伸ばしていく──。 それが『どんちゃか幼児教室』です。ここは子どもにとって自分をのびのび表現できるワンダーランド。頭脳も体も心も、笑顔とともに伸ばせるのです。

 

72のテーマで頭をやわらかくします

 

脳の構造は幼児期に90%できあがるといわれている。この大事な時期に刺激してあげたい知的因子は100以上。 それをどんちゃかでは72のテーマにまとめ、コースごとに毎回1テーマを授業でとりあげているのです。たとえば0?1歳児なら、五感をフル回転できるよう「聞く力」や「リズム」「色」「形」といった具合です。体を動かす“プレイワーク”と、机の前での“デスクワーク”という2WAYで体得できるのも特長。 本格的な運動器具を使って体を動かし、集中力や運動能力もくりかえし鍛えていきます。

 

少人数のクラスでこまやかな愛情を

 

どんちゃかのカリキュラムは年間40週の通常授業と8回の特別授業で構成されています。6?10名の少人数クラスに先生は2名ずつ。みんな親しみやすいニックネームで呼ばれています。そして妖精さんからのプレゼント、宇宙人を助けよう……と、授業はとてもファンタスティック。 想像力をかきたてながら意欲的に取り組む気持ちを育てます。授業の最後には“マザーリング”といって保護者の方にも解説の資料をお渡ししています。 ご家庭でもぜひどんちゃかスタイルに取り組んでみてください。

 

資料請求 or 無料体験申込みはコチラ